MENU

不妊治療にかかるお金

不妊治療は体力的にも精神的にも大変だと言いますが、もうひとつ大変なことがあります。

 

それが経済面だと言えます。
不妊治療にも色々な方法があります。

 

費用はその方法によっても変わってくることとなります。健康保険が使えない治療方法もあるので不妊治療で相当なお金を費やすことになる人もいるのです。

 

不妊治療には大きく分けてタイミング式、人工授精、体外受精、顕微授精、漢方療法、栄養療法などがあります。

 

実際に不妊治療によって妊娠した人の総費用額を見ていきますと、タイミング式で40万円程度、人工授精や漢方療法に栄養療法で80万円程度、健康保険が使えない体外受精だと135万円程度、顕微授精に関しては170万円程度の金額が必要となっています。

 

ただし、これはあくまでも平均ですので1回の治療で妊娠した人はもっと安くつくこともあるでしょうが、逆に何度も治療を受けるという事になるとこの費用以上にかかってしまうこともあるのです。このように不妊治療はとても費用がかかるものです。

 

そのため、経済的な理由で不妊治療を諦める人もかなりの確率で存在しているのです。

 

不妊治療の潮時は

子供を作ろうとしてもなかなかできない人は意外と多いものです。

 

夫婦ともに子供を望んでいるのですから、なかなか妊娠が出来ない、子供が出来ないこととなる次第に辛いものとなってきます。
そんな折に多くの人が治療をするのが不妊治療となるのですが、不妊治療もかなり大変だと言います。

 

体力も必要ですしお金も莫大に必要になってきます。
人工妊娠をしようと試みても妊娠はできても流産をしてしまうという人も結構多いようです。そうなってくると今度は精神的にも参ってくることになります。

 

この辺りが潮時と判断をする場合が多いようなのです。もちろん、不妊治療の潮時は人によって夫婦によってそれぞれ違います。何度も治療を試みてみても結果が伴わないから諦める境地に達している人もいれば、経済的な理由で諦める場合もあるのです。

 

いずれにしても不妊治療の潮時は夫婦が揃ってもう子供は諦めるという結論に達したときだと言えます。悲しい決断になるかも知れませんが、子供がいない人生はぞれはそれで楽しめるものだと言えます。

 

違った形で人生をエンジョイできればそれでよいのです。

 

関連ページ

不妊治療と夫婦関係
不妊や不妊治療をしている夫婦はどうしてもギクシャクして不仲になってしまうことがあります。きっちり原因を調べることも大切ですが、そのあとのフォローや協力も大切です。
妊娠しやすい生活習慣
妊娠しやすい女性は存在しています。そして妊娠しやすい生活習慣もあります。少しの生活改善が妊娠につながる可能性が上がることもあります。